採用方針

 

POLIMEX HRは会社にますます成長を与えられるように熱狂、創造、ダイナミックで、高い専門があるスタッフを構築されている。

POLIMEX HR会社に職業と産業

"職業"という観点から、POLIMEX HRと産業建設労働者のための条件を作成し、 POLIMEX HRは、同僚が自分の事業を構築するための専門を生かせる条件がある位置に入って原則をはじめて、適当な候補者を選択されていることだ。この原則ではPOLIMEX HR に対して、国籍、人種、宗教、性別にかかわらず、会社と協力需要がある候補者選択過程である。

1.        採用方針:
POLIMEX HR会社に働く機会を探している時は、すべての候補者が等しくなります。応募者は、雇用プロセスに個人情報機密保護で、明確で十分な情報を返事されている。
公開な採用と全系統の規定を統一している。

POLIMEX HRの人材の源から採用方針どおり、労働派遣領域で経験がある応募者または

外国か国内に威信がある各大学で深い専門を持っている応募者を採用することは優先である。

POLIMEX HR のシステムで働く従業員が人事募集に参加するためのPOLIMEX HRの採用基準に適した候補者を見つけて紹介することをお勧めする。
POLIMEX HRは常に仕事に才能、知恵、道徳と情熱で貢献すると上昇したい従業員を歓迎する。

2.教育方針と職業開発

POLIMEX HRは顧客に熱心でサービスし、職業道徳があり、業務が上手で従業員数量を設立のために発展して、教育される機会がある労働者に条件を作っている。

このタスクを実施するため、毎年、会社は個人の勤務能力を高めるスタフチームと共に講釈と専門家を招いて、教育プログラムを設計するように適当な予算、時間を与えていることである。

統合教育方針:POLIMEX HRに採用した新入社員は百パーセントPOLIMEX HRの歴史と開発過程、勤務環境、製品などを明確な理解できるように教育コースに参加されている。POLIMEX HRに仕事を早めに慣れるため業務と専門を訓練される。

向上教育方針:毎年、POLIMEX HRは会社の仕事に業務を高めるように勤務過程で従業員に深い業務を知識、技能を高めるコースを行っている。

社員教育方針:開発才能が有る優秀な社員とリーダに対して、POLIMEX HRは人材公募を通して、管理効果を高めて、実現して、計画を立て、交換管理の方、指導技能を補習と教育により関心している。

POLIMEX HRは将来に開発できる社員か偉い社員に対する適当な専攻どおり、専門強化発展コースに全部か一部の学費を融通する主張もある。教育コースに参加した後、全員は将来に職業昇進と開発できるように評価され、仕事に取得した知識を生かす交互されている。

3.給料、福利、ボーナスと待遇制度について政策:

POLIMEX HR は以下の原則のとおりで社員に給料、福利、ボーナスと待遇制度を仕上げて、設立することを重視している。

+開発階段と時期に次第。

+公平性、活発性を確保する。

+貢献度に妥当と耐える

+POLIMEX HR会社の開発に長期的貢献と加入する社員を勧めて、公募の目的とする、労働市場に競争性を保証している。

給料と手当て:

基本給料:POLIMEX HRで担当している仕事の次第にランキングに基づいてもらえる給料である。

能率給料:POLIMEX HR と各部の営業効果に基づいてもらえる追加の給料である。

他の手当ては各位置の仕事の次第に補う。

会社に大きな利益を与えることと特別な貢献がある時給料を調整することは最低1年に1回である。

懸賞

POLIMEX HR の創業日、国の記念日、お正月などボーナスする。

4.福利、待遇制度:

保険制度:すべての正社員はPOLIMEX HRと正式契約書を締結する時、POLIMEX HR の規定どおり労働律に向き、健康保険と社会保険の制度をもらう。

POLIMEX HR で勤務している社員は1年に12日の有給がある。5年間毎に、1日の有給を追加されている。

POLIMEX HRの全員は十分な栄養がある無料な昼食がもらえて、誕生日になるとプレゼントももらう、困難な時、手当てを頂くことである。特に、株式化を進行する時、株が買える。

企画、抜擢、登用:

毎年に承認される優秀な仕事結果と開発才能がある全員は必要する時管理職務に登用、教育するための企画リストに入れている。

POLIMEX HRは内部の源から社員を登用することが優先である。

高位レベルに仕事担当能力と管理能力がある社員に対しては、将来にもっと大切な管理位置に経験と知識を十分にかき集めるための教育を優先することは当然である。

 

他の 採用:
 
 
 
オンラインサービス
日本のサポート
台湾のサポート
 
 
ウェブサイト連結