テト期間中のタブー

テト期間中のタブー

ベトナム人の従来の観念として、旧正月テトの日々は良いのことをするということです。誰もが新年の数日が順調に流れることを期待しています。そこで、皆はテトの間にやってはいけないことを守っています。 昔から、ベトナムテトの期間中のタブーがあります。ティック・ニャット・トゥ和上は次のように明らかにしました。

 

「タブーは民間の中で一般的な習慣です。各世代にわたって、人々はそれらの言い伝えを継続し、普及させてきました。というのは、そうしないと、自分 の生活や、生命、寿命、健康面で悪い影響を受ける恐れがあると信じされているからです。そこで、この風習は現在でも守られているのです。」

テトの間に気をつけたいことは民間の文化として守られています。例えば、テトの間に「掃除をしてはいけない」ということです。新年の三ケ日に、掃除 をすると、おカネや幸運が逃げてしまうと言われます。そのため、幾ら忙しくても、大晦日の夜までに、皆は住宅や祭壇を綺麗にしなければならないのです。さ らに、南部の人々は、テトの間は、全ての箒(ほうき)を隠します。なぜなら、箒を無くすると、その年に泥棒が家に侵入して、財産を盗(ぬす)み取(と)ってしまうと信じられているからです。一方、現在でも北部の多くの家庭は、元旦に最初に訪れる人を選ぶ習慣があります。ハノイ市ハイバチュン区に住むブイ・ティ・ヌオンさんは次のように明らかにしました。

(テープ)

「亡くなったばかりの親戚がいる人や、その年の干支に相応しくない人が、元旦の最初のお客として訪問してはいけません。又、テトの間に、マッチや火 をあげてはいけません。そうしないと、幸運や財産を他人に挙げる意味にとられます。そして、テト中に、外から猫が家に入ってくる事はあまり良くないと言わ れています。逆に、よそから犬が家に入る事はラッキーなことです。」

他の 人材派遣:
 
 
 
オンラインサービス
日本のサポート
台湾のサポート
 
 
ウェブサイト連結